もしかしたら一生の、ToBeリスト(愚か者の挑戦・第2部)

自己採点の結果、公認会計士短答式試験には落ちました。

来年の抱負には早いけど、12月11日に決めたことを宣言したいと思う。

お陰様で、毎日安定した気持ちで生きています。

気楽な気持ちで、毎日机に向かって勉強出来ていることを、誇りに思います。

だから、この状態を維持したいので、今、このタイミングで申し上げます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

2018年5月の短答式試験再チャレンジに成功し、8月の論文式試験を受かる。

今は、5月に専念する。5月からで8月間に合う。これは、当然のことです。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

以下のことのみ考える。

 

暖かい気持ちで、リラックスしながら毎秒存在することを基本とする。

毎日のリズムを作り、勉強する。全てを、出来るだけ温かい目で見る。

毎日、「自分を信じる眼鏡」をかけて、淡々とやる。

「不安の眼鏡」が出てきたら、自分の中で「手放す」と決めて元の作業に戻る。

 

「自分を信じる眼鏡を持っている」ことを常に認識する。

ときに「不安の眼鏡」を持っていることも認識する。

選択権は、常に自分にあると認識する。

 

何かを望む気持ちを、押さえつけない。困ったら、人に相談する。

もやっとしたら、稚拙でも言葉にしてみる。反省はするが、自分を責めない。

過去のことは、自分も他人も全てを許す(=思い出して傷つくのをやめる。)

自分が自分を信じていること、応援して信じてくれる人がいることを毎日思い出す。

 

2017年12月16日  山中 繭子